電話する

使い方やプランについてお困りですか?
弊社の担当者までお気軽にお問い合わせください。

0120-507-505

受付時間:月〜金 9:00〜18:00

直接問い合わせる前にご自分で調べたいですか?
よくあるご質問を見る

お問い合わせ

お問い合わせ内容を入力してください。

  • 企業名
  • 氏名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • お問い合わせ項目
  • お問合わせ内容
※必須項目、reCAPTCHAをご確認ください。

上のボタンをクリックすることにより、弊社のサービス利用規約に同意するとともに、弊社のプライバシーポリシーを読み、理解したものとみなされます。

2020.04.07

「小規模事業者持続化補助金」採択支援を行っております!

補助金・助成金

==================================
【2020年5月1日追記】
2020年4月28日(火)より、小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)の公募が開始されました!

サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備等、コロナ対策に取り組む小規模事業者等に対して、補助金が支給されます。

【スケジュール】

公募開始:2020年4月28日(火曜)18時

申請受付:2020年5月1日(金曜)予定

第1回締切:2020年5月15日(金)
第2回締切:2020年6月5日(金)

一般の小規模事業者持続化補助金より締め切りがタイトになっておりますので、ご注意ください。
詳細はこちらのページをご確認ください。
==================================

2020年3月10日に公募要領が公表されました。
詳しくはコチラ

2020年実施予定の「小規模事業者持続化補助金」の概要を記載します。
「ホームページを開設したい」「リニューアルしたい」とお考えのサロンオーナーの方々は
ぜひ活用をご検討ください。

「小規模事業者持続化補助金」とは

「小規模事業者持続化補助金」事業は、資金や人材といった経営資源に大きな制約があることに加え、商圏や取り扱う商品・サービスが限定されており、人口減少による需要減少の影響を大きく受ける小規模事業者に対し、経営計画の作成支援と一体となった販路開拓支援を行い、生産性の向上を図ることを目的とし、原則50万円を上限(補助率:2/3)に国から補助する制度です。

「小規模事業者持続化補助金事業」(商工会地区分)は、全国事務局である独立行政法人中小企業基盤整備機構と地方事務局である都道府県商工会連合会及び各地商工会が連携し実施する事業です。
(独立行政法人 中小企業基盤整備機構HP)

詳しくは持続化補助金パンフレットをご覧ください。

小規模事業者持続化補助金の概要

補助金の概要

補助額:~100万円
※共同申請可(補助上限額×事業者数)、上限500万円(50万円×10者)

補助率:2/3

補助対象:店舗の改装、ホームページの作成・改良、チラシ・カタログの作成、広告掲載など

※事務局が決まり次第、事務局HP、中小企業庁HPに掲載予定

補助金の概要

①新型コロナウイルス感染症により経営上の影響を受けながらも販路開拓等に取り組む事業者

②賃上げに取り組む事業者

③計画的に事業承継に取り組む事業者

④経営力の向上を図っている事業者

⑤地域の特性・強みを生かして高い付加価値を創出し、地域経済への影響力が大きく、その担い手となりうる事業に取り組むことが期待される企業として経済産業省が選定した事業者等

⑥過疎地域という極めて厳しい経営環境の中で販路開拓等に取り組む事業者

以上に当てはまる方は、この補助金に関して優先採択を受けられる可能性があります!

 

【手続きの期限】
申し込み受付開始:2020年3月13日(金)

申請書類一式の送付締切
第1回受付締切:2020年3月31日(火)

第2回受付締切:2020年6月5日(金)

第3回受付締切:2020年10月2日(金)

第4回受付締切:2021年2月5日(金)

※すべて締切日当日消印有効

補助対象となる小規模事業者

商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く): 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業:常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他:常時使用する従業員の数 20人以下

 

会社および会社に準ずる営利法人(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社、企業組合・協業組合)や個人事業主が主な対象なので、一般社団法人や医療法人、宗教法人、学校法人、社会福祉法人の方は対象とならないのでお気をつけください。

加点要素について

・新型コロナウイルス感染症による経営上の影響がある事業者

・賃上げ関係の計画を有し、従業員に表明している事業者
給与支給総額を1年で1.5%以上増加させる計画もしくは、事業場内最低賃金(事業場内で最も低い賃金)を地域別最低賃金+30円以上の水準にする計画

・事業承継の円滑化に資する取組を重点支援する観点から、代表者が満 60 歳以上の事業
者であって、かつ、後継者候補が中心となって補助事業を実施する事業者

・「経営力向上計画」の認定を受けている事業者

・経済産業省が選定する地域未来牽引企業、または地域未来投資促進法に基づく地域経済牽引事業計画の承認を受けている事業者

・「過疎地域自立促進特別措置法」に定める過疎地域に所在し、地域経済の発展につながる取り組みを行う事業者

 また、今回初めて補助金の採択を受ける事業者には優遇措置が取られるようです!

「小規模事業者持続化補助金」採択支援

完全無料で、採択支援を行なっております。

ホームページを開設/リニューアルしたいけど、「予算的に難しくてなかなか…」という方は、是非この機会にご検討下さい。

※ホームページ制作の発注を前提に支援を行います。
 尚、不採択となってしまった場合、キャンセル可能ですのでご安心ください。

※補助金の採択をお約束することはできません。

 

助成金や補助金が受給できるか無料で診断できます。ぜひ診断してみてください!

無料受給診断はこちら

ブログ一覧へ

アプリは無料!
今すぐ良さを体験しませんか?

BEFORE AFTER
LANGUAGE: